チラシとは異なるポスターの役割

チラシとポスターの役割は全く異なる

商品やサービスの宣伝に使用するチラシとポスターは、同じ役割と思うかもしれません。しかし、チラシとポスターを使う目的は同じでも、役割はまったく違います。ポスターを宣伝目的として使用するときには、チラシとの違いを理解しなければいけません。ポスターはチラシとは違い、相手に対して配るものではありません。駅の構内や街角の広場など人通りの多い場所に掲示して、道行く人に見てもらう必要があります。しかし、駅や街中を移動している人の多くは、目的地へ急いでいるのでポスターをゆっくり観ることはありません。街角で配るチラシなら、受け取ったあとで自宅や電車の車内でじっくり見てもらえる可能性はありますが、掲示されているポスターの前で足を止めてもらうのは難しいでしょう。

 

ポスターのデザインクオリティーは大切

 

ポスターを作るうえで大切なのは、ポスターデザインです。ポスターの前を通る人々の目に留まり思わず、足を止めてしまうようなポスターデザインなら、多くの人にじっくりと見てもらえます。そのために大切なのは、魅力的なイラストや写真です。綺麗な風景や美味しそうなスイーツなど、思わず見とれてしまうようなイラストや写真なら、自然と足を止めてしまいます。

 

レイアウトも重要

また、イラストや写真だけでなく、レイアウトやデザイン、キャッチコピーも重要です。空白や視線を誘導する矢印などを使ったポスターデザインなら、自然と目に入り思わず見てしまいます。ポスターデザインでは、必要な情報を簡単にまとめることも大切です。通行人の目に留まりポスターを見ても、その場に立ち止まる時間はわずかです。せいぜい数十秒なので、その間に宣伝したい商品やサービスの魅力を伝えなければいけません。

ポスターデザインは、同じ宣伝が目的でもチラシとは違い、目に留まりやすいことと簡潔な内容にすることがポイントです。ポイントを押えながらポスターデザインを考えれば、宣伝に効果的なポスターを作ることができるでしょう。