展示会のパネル作成をプロに依頼する時のポイント

パネルデザインの抑えるポイント

 

展示会はさまざまな企業などが出てくるので、プロにパネル作成を依頼するといっても、抑えるべきポイントがあります。

目立つパネルデザイン

数あるブースの中から自分たちのブースに来てもらうには、遠くから見たときでも目立っていることが大切です。目立たないことには興味を引くこともできないので、しっかりと目立つパネルデザインであることを伝えるようしましょう。

印象的なキャッチコピー

次にキャッチコピーも大切です。パネル作成をプロに依頼するといっても、デザインからキャッチコピーまで何でも行ってくれるわけではありません。キャッチコピーは自分たちで考えなければいけないので、しっかりと考えることが大切です。ターゲットを明確にして、文字数が少なく見やすくすることが必要です。キャッチコピーによって言葉で興味を引くことができるので、ひねりを利かせたものを作るようにしましょう。

伝える内容はなるべく具体的にしよう

そして、パネルデザインもどのようにしたいのかしっかりと伝えることも重要です。デザインに凝ることも大切なことですが、複雑すぎてしまうと展示会などでは目だないこともあるので注意が必要です。細かいデザインだったりすると、遠くから見たときに何が描かれているかわからなかったりするので、基本的にはわかりやすいデザインであることが大切です。プロに依頼する際には、自分たちの意向をきちんと伝えないと複雑なものを作ってしまうこともあるので、注意しましょう。

自社の強みをパネルデザインに反映しよう

それ以外にも、自社の強みを最大限にアピールできることも大切です。作成を依頼する際には、自社の特徴を伝えて、どのようなパネルを作りたいのか、細かいところまでしっかりと伝えるようにしましょう。プロと言っても、自分の会社の人間でなければ、自社の特徴は全くわからないものです。そのような点をしっかりと伝えることが、魅力的なパネルデザインを作ってもらうことにつながるので、注意しましょう。他とは違うことをアピールして、自分たちのブースに人を集めることが大切です。