ポスターを作成して宣伝力を高めるには

人々に向けて情報を力強く伝えたい時には様々な手段があり、現代では情報媒体も採用されることが増えていますが、やはりポスターに勝るものはありません。ただし、他社が手がけるポスターデザインも凝っているものであることから、街中などに設置して視線を移してもらうためには、目的を明瞭にして意識的に作成することが求められます。

ポスターのサイズって?

 

ポスターサイズについて

一般的にポスターデザインはB2をはじめB1やA2、A1といったサイズ感でプリントされる事例が多く、全てに共通している点は車に乗っている方や歩行者、電車に乗車している方々が瞬時に内容できるようになっている点です。そうした特性上、ポスターデザインをプロに依頼した時は小さいサイズから推奨されるといったことはなく、必ず可能な限り大きなものから選んでもらうことになります。そして、オフィスなどで話し合いを済ませてオーダーするのではなく、必ず貼り付ける予定の現場に足を運び、選定した大きさの紙を貼り付けて認識してもらいやすいのかを確かめる必要性があります。時折、既存のデザインに一切手を加えずにサイズ感だけ大きくしたという事例がありますが、移動中の方々から瞬時に把握してもらうという観点で作られていないので意味がありません。

つまり、ポスターデザインは単に大きくすれば良いというわけではなく、いかにわかりやすく伝えたい事を伝えられるのかが重要になります。決して長くないワンフレーズだとしも、つい何度も頭の中で復唱してしまうようなフレーズであったり、一度目にしたら忘却しない写真などを使うのが望ましいです。

得意な分野とマッチしたデザイナーに制作を依頼しよう

ただし、プロに依頼するとは言っても全ての方々があらゆるジャンルに長けているのではなく、個々により得意不得意があるので得意分野をリサーチして適合する事務所に依頼してみましょう。さらに、ポスターデザインの作成は用紙の質感や種類に拘るのも重要であり、利用実態に応じて種類を変更すると突出した印象が与えられます。