グラフィックデザインの役割とは

グラフィックデザインとは?

 

グラフィックデザインに求められること

グラフィックデザインとは印刷媒体による視覚的な表現方法のことをいい、商品やサービスが持つ情報やメッセージを的確かつ魅力的に伝えるための手段とされています。デザイナーが文字や画像、色彩、配色、レイアウトなどを使って様々な表現を行っています。ポスターやチラシ、パンフレット、商品のパッケージ、ロゴマーク、新聞広告、雑誌広告など私たちの身の回りにはグラフィックデザインが色々なところに溢れています。

グラフィックデザインに求められること

グラフィックデザインに求められるのは、消費者にアピールする訴求力です。文字や色彩がただ並べられているだけでは、消費者の目に留まることはありませんし、商品を手にとってもらうこともできません。商品を魅力的に見せる手段がグラフィックデザインです。例えば、商品のパッケージに使用されている色が違うだけでも、消費者に与える印象はまるで違ってきます。パステルカラーは見ているだけで楽しい気分になりますし、落ち着いた雰囲気を醸し出すためには暗さが必要です。また、文字の大きさや書体が変わるだけでも、柔らかい印象になったり、力強い印象を与えたりします。消費者の興味を引くためにはセンスの良さやそのグラフィックデザインだけが持つ個性、インパクトなどが必要ですが、全体的なバランスも重要です。

グラフィックデザインのミッション

また、グラフィックデザインは、その商品やサービスが持つ情報を分かりやすくきちんと伝えるという役割も担っています。グラフィックデザインに余計な情報まで入っていたら、消費者の誤解を招くこともありますし、混乱してしまうこともあります。ですからグラフィックデザインは、必要な情報だけを的確に伝えるということが大事になります。長く愛され続けるグラフィックデザインほど、シンプルで親しみやすいデザインになっています。デザイナーには、クライアントの意図を正確に汲み取ることも欠かせません。そのためデザイナーには、コミュニケーションスキルも求められます。