ポスターデザインの制作を依頼した時の価格の内訳

新しくキャンペーンやイベントを行うとき、新商品を発売する際に重要な宣伝広告の一つとなるものがポスターです。ポスターデザインを制作する場合には、多くの場合デザイン制作会社に依頼することになるでしょう。その際にかかる費用はデザイン費だけではなく、そのほかにも様々な要因があわさって価格が決まることになります。ポスターデザインの制作を依頼した際の価格の内訳としてまず第一に挙げられるものがレイアウト費です。当たり前のことになってきますが、ポスターデザイン制作において価格のメインになってくるのがデザイン費です。写真やコピー、イラストなど様々な要素を組み合わせて、ポスターの枠の中にきれいにレイアウトするための技術に支払う料金です。素人が同じ材料を使っても美しくレイアウトすることはなかなか難しいものです。デザインをする人が違えば仕上がりは全く違うものとなります。技術だけではなくアイデアも重要なので、ここで予算を抑えようとすると自分が希望したものができなくなる可能性もあります。そしてキャッチコピーやポスターの本文などの原稿費です。これはポスターにあったボリュームで制作をする必要があり、発注した側とデザイン会社によって打ち合わせで決めるなど、ヒアリングをしたうえで制作を行っていきます。

ポスター制作費は要望によって変化します。

内容量により大きく費用に差が出てくることでしょう。そして写真撮影や加工費です。写真撮影をデザイン会社に依頼すれば、撮影場所や撮影する点数、被写体により金額が見積もられることになります。この費用はまとまった額が必要になると考えておきましょう。反対に加工する場合には大規模な加工や合成以外であればそれほど予算はかかりません。一言でポスターデザインの制作といっても、様々な作業要素が詰まり価格が決まります。デザインとひとくくりで考えてしまうかもしれませんが、見積もりの内訳を知り、コストカットできる部分も見えてくることでしょう。