ポスターのデザインを綺麗に仕上げるポイント

街中の壁面や、柱、掲示板、店舗の店先などに、啓蒙活動や宣伝活動の一環として、貼り出されることの多いポスターは、PR活動には欠かせないアイテムの一つでもあります。商品や、サービス、芸能人の方など、大衆に向けて、アピールしたいものは、企業や目的によっても、実に様々な種類がありますが、ポスターを作成する際は、人目を引く作品に仕上げることが、最も重要な課題となります。

 

ポスターの作成時に注意すべきポイントは、3つほどあります。

 

ポスターの作成時に注意すべきポイント

一つ目は、ポスターデザインを活かしながら、PRポイントを正確に伝えることのできる、文字のフォント選びです。

フォント選びでは、線が細いものは、視認性が著しく低下することから、敬遠されます。文字全体がはっきりとしており、視認性が高いフォントであれば、遠目でも、文字をはっきりと認識することができるため、お勧めです。

二つ目は、写真の解像度です。

ポスターデザインに、写真を取り入れる場合、その基となる写真は、ポスターサイズにまで引き伸ばされるため、解像度が低い写真の場合、ひどいケースでは、モザイク加工がされているような、目の粗い画像になってしまいます。そのため、ポスターを印刷するプリンターの出力環境に適応した、解像度の写真を使用するか、写真の解像度が高すぎる場合は、画像編集ソフトなどで、解像度を調整した写真を使うようにしましょう。

三つ目は、ポスターの全体的なレイアウトです。

レイアウトは、ポスターの宣伝能力を高めるために、非常に重要な役割を果たします。ポスターを使うことで、対外に向けて、何を一番にアピールしたいかを考え、レイアウトデザインによって、PRポイントまで視線を誘導することができるレイアウトデザインを考えることが大事です。

このように、ポスターを作成される際には、しっかりと目的を見据えた上で、効果的なPRができるように、ポスターデザインを考え、それに応じた写真や、文字フォントを選択されることをお勧めします。

展示会のパネル作成をプロに依頼する時のポイント

展示会はさまざまな企業などが出てくるので、プロにパネル作成を依頼するといっても、抑えるべきポイントがあります。数あるブースの中から自分たちのブースに来てもらうには、遠くから見たときでも目立っていることが大切です。目立たないことには興味を引くこともできないので、しっかりと目立つパネルデザインであることを伝えるようしましょう。

グラフィックデザインの役割とは

グラフィックデザインとは印刷媒体による視覚的な表現方法のことをいい、商品やサービスが持つ情報やメッセージを的確かつ魅力的に伝えるための手段とされています。デザイナーが文字や画像、色彩、配色、レイアウトなどを使って様々な表現を行っています。ポスターやチラシ、パンフレット、商品のパッケージ、ロゴマーク、新聞広告、雑誌広告など私たちの身の回りにはグラフィックデザインが色々なところに溢れています。

ポスターを作成して宣伝力を高めるには

人々に向けて情報を力強く伝えたい時には様々な手段があり、現代では情報媒体も採用されることが増えていますが、やはりポスターに勝るものはありません。ただし、他社が手がけるポスターデザインも凝っているものであることから、街中などに設置して視線を移してもらうためには、目的を明瞭にして意識的に作成することが求められます。

チラシとは異なるポスターの役割

商品やサービスの宣伝に使用するチラシとポスターは、同じ役割と思うかもしれません。しかし、チラシとポスターを使う目的は同じでも、役割はまったく違います。ポスターを宣伝目的として使用するときには、チラシとの違いを理解しなければいけません。ポスターはチラシとは違い、相手に対して配るものではありません。駅の構内や街角の広場など人通りの多い場所に掲示して、道行く人に見てもらう必要があります。

Recommend

ポスターデザイン依頼

ポスター・パネル製作のASOBO DESIGN

イベントポスター制作依頼

フライヤーデザインのMOSH DESIGN

デザインの依頼・料金

広告制作デザイン費用